お問い合わせ

LOOKING FOR ROOM 生活保護賃貸のお部屋探し

  • 現在お住まいされている建物の老朽化や騒音等による近隣トラブル、通勤通学や通院での利便性を今より良くしたい、お知り合いやご家族の住んでいる近くに移りたい、今よりもっと広いお部屋へ引っ越したい等お引越しをご希望される理由は様々だと思います。
  • しかし生活保護を受けていると引越しするには役所に許可をとらないといけない?自己都合での引越でも大丈夫?
    その他にもいろいろと疑問や不安があるかと思いますが理由に関わらず生活保護を受給されている方でもお引越しは自由です。
  • そして何かと費用がかかるお引越しですが、引っ越しの理由によっては福祉センター、福祉事務所から契約時にかかる『敷金礼金や仲介手数料、火災保険や賃貸保証料』といった初期費用や『引っ越し業者への費用』を支給される場合も御座います。
  • 引っ越し費用の支給までのお手続きや既定のお家賃やご希望のお部屋の広さでのお部屋探し等全てセカホゴにお任せください。

支給金でお引越しをご検討中の方はコチラ

お引越しにかかる費用は高額です。

最近では初期費用を抑えてお引越しが出来るような敷金、礼金が0円のお部屋も増えてきましたがそれでも仲介手数料、賃貸保証料、火災保険等お引越しにかかる費用は高額です。

お引越しにはまとまったお金が必要ですが毎月の保護費の中からお引越しの費用を貯めて頂くことは多くの世帯では非常に困難な問題であります。

しかし条件さえ当てはまりケースワーカーから許可をもらうことが出来れば問題を解決する事ができます。

初期費用を支給されるにはいくつかある以下の条件のうちの一つに当てはまらなければなりませんが、中には特殊な条件もありケースワーカーへご相談されても中々受理されないケースが御座いますので一度ご相談下さい。

福祉事務所から引越にかかる費用を支給して頂けます条件

このうちの一つでも条件に当てはまれば福祉事務所から引越にかかる費用を支給して頂けます。

自費でのお引越しをご検討中の方はコチラをご覧ください

自費でのお引越しをされる場合はお引越されるに辺り特別な理由は必要ありません。

仮に担当のケースワーカーに『引っ越しは認めません!!』と言われても大丈夫です。

規定内のお家賃でお部屋をお探し頂く必要が御座いますが規定金額を超えてしまうお部屋でも契約条件を変更する事で生活保護を受給したままお住まいして頂けます。

過去にお家賃の上限を超えてしまいお引越しを諦められた方もご安心ください!!

セカホゴではご希望に合ったお部屋探しをサポートさせて頂いておりますのでまずは一度ご希望をお聞かせ下さい!!

PAGE TOP